インターネットが普及した事で、消費者は商品を購入する際や気になるサービスが見つかった時にはインターネットを利用し、情報を得た上で最終決定をするといった買い物の仕方を行うようになりました。

従来の店頭やテレビ広告、カタログやチラシの他にインターネットでの情報提供も行う必要性の高まりを受けて、インターネット上でも製品やサービスの紹介をする事をデジタルマーケティングと呼び、デジタルマーケティングはインターネット特有の柔軟性の高さを活かし様々な方法が行われています。

企業の公式ウェブサイトにおける商品紹介の他に、商品やサービスを利用した様子が身近に感じられるブログでの記事公開、メールでの紹介が基本となっているのですがSNSが台頭している今日ではSNSを用いたデジタルマーケティングも主流になっています。

また各メディアを利用したアプローチと同時に、得られた多くの行動データを分析し消費者の行動により一層効果的にアプローチできる方法を見つけ出し、アプローチの方法として盛り込む事も1つの方法です。

このようなデジタルマーケティングに似ている事柄としてウェブマーケティングがあり、どちらもインターネットを主体としたマーケティングの方法なので同じものとして扱われる事が稀有ではないですが、ウェブマーケティングはウェブサイトに特化している手法を指すので実際に差異があります。

一方、デジタルマーケティングはウェブサイトから得られた消費者の行動などのデータのみに限らず、実店舗に来店したデータや販売履歴などの実際の活動データも対象になっているため、インターネットと現実世界の垣根が無いのが特徴的です。

そのようにインターネットと現実世界の垣根が無いマーケティングの方法であるが故に、無意識的にインターネットに触れられるスマートフォンとの相性が良いのですが、スマートフォンとの相性が良いからこそマーケティングの重要性が高く、施す内容により売上や来店者数に変化に繋がりやすいです。

スマートフォンにマーケティングを行う際に効果的なのがアプリマーケティングであり、ショップなどのアプリをインストールして頂けているユーザーがショップの近くを通過した際、スマートフォンの位置情報を利用してスマートフォンに通知が届くようにすればショップの存在を思い出して頂けますし、通知時にお得な内容やキャンペーン情報を同時に表示させるとショップに立ち寄って頂ける機会が増やせるため、インターネットと現実世界の両面からアプローチが行えます。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *